本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 各地の焼酎 > 大分

各地の焼酎

大分

九州北部に位置する大分県は、九州の中で福岡県に次いで清酒造りが盛んでした。
焼酎も造られていましたが、多くは清酒蔵の酒粕から造る「粕取り焼酎」でした。

そんな大分県の焼酎作りが…。

1974年
麦麹の開発が成功し、原料も麦を使った100%の「麦焼酎」ができました。

それが、
二階堂(にかいどう)』と『いいちこ』です。

減圧蒸留を用い、精製ろ過したことによって、スッキリとした飲み口が特徴です。

この製法は一歩間違えると、あまりにもピュアでクリーンな仕上がりになり、甲類焼酎と区別がつかなくなりかねません。

そのため、大分の麦焼酎は一時仕込みのときの麦麹による醪(もろみ)づくりが大切になってきます。

【大分のおもな酒造メーカーと焼酎】

・二階堂酒造「二階堂(にかいどう)」
 麦麹を使って造られた大分麦焼酎の草分け的存在です。

・三和酒類「いいちこ
 麦焼酎の代表ともいわれるくらい、あまりにも有名です。

・旭酒造「耶馬美人(やばびじん)」
 キメの細かいまろやかな風味で、爽やかなのどごしです。

・四ツ谷酒造「兼八(かねはち)」
 麦の香ばしい香りがします。

・久家本店「石仏 大日如来(だいにちにょらい)」
 減圧蒸留で、やわらかい味になっています。

・藤居醸造「舞香(まいか)」
 お湯割で楽しむ1本におすすめしたいです。

・ぶんご銘醸「香吟(こうごう)のささやき
 麦を低温発酵させて、フルーティーな味です。

・小野酒造「由布岳(ゆふだけ)」
 ソフトな味わいで、はじめての麦焼酎に最適です。

・八鹿酒造「銀座のすすめ
 バーボンウイスキーの樽で貯蔵。食中酒に最適です。

<