本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > お気に入りの焼酎 > 喜界島酒造 「喜界島」

お気に入りの焼酎

喜界島酒造 「喜界島」

『喜界島』を購入したのは、2006年11月の下旬です。
25度の5合瓶(900ml)です。

最近はいも焼酎ばかり飲んでいるので、違う焼酎を飲んでみよう思いました。

そういえば…、「黒糖焼酎」は飲んだことがないなぁ〜。
「黒糖焼酎」を探していたら、「黒ヂョカ」とセット販売している『喜界島』を発見しました。

価格も2,980円と「黒ヂョカ」とセットなら納得でした。
人気の黒糖焼酎 喜界島900ml(黒千代香セット2客ツル付)

「黒ヂョカ」のことは、またあとで掲載しますね。

早速届いたボトルを見ると、なんだか懐かしいようなラベルが目に飛び込んできました。
なんだか封を切るのがもったいないくらいでした。

結局、大晦日の晩に飲むことに決めました。
飲み方は『割り水』(あらかじめ焼酎を水で割って、寝かせておくこと

大晦日の前日、焼酎と水を1対1で割って、焼酎サーバーで保管しました。
焼酎の栓を開けるとき必ずそのキャップで味見をします。

黒糖焼酎』は、飲んだときの甘い喉越しがなんともいえません。
ストレートでも十分にいけます。

『割り水』の味を比較するので、保管する前に水割りでちょっと味見をしておきました。
やはり一晩置いただけでもかなりなじむものなんですね。
すごく飲みやすくなりました。

まろやかな口当たりで、甘い喉越し。
これなら女性に人気があるのも当たり前だと感じました。

とっても美味しい『黒糖焼酎』に出会えました。

<