本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎とコラム > 諸説ある焼酎ルートに思いをめぐらせて

焼酎とコラム

諸説ある焼酎ルートに思いをめぐらせて

記録によると、初めて焼酎が伝来したのは1404年で、朝鮮(季朝)の太宗から対馬領主に高麗酒(こうらいしゅ)が送られたものとされています。

焼酎は13〜14世紀頃には、すでに中国大陸や南海諸国で製造されていたようです。
日本への焼酎の伝来については、次の3つの経路が有力であるとされています。

【琉球経路】
14世紀頃の琉球(現在の沖縄県)は日本をはじめ、明国(中国)、朝鮮、南海諸国などとの海上貿易の拠点となっており、種々の東洋の蒸留酒(焼酎)が日本にもたらされたと考えられます。
当時交易のあったシャム(現在のタイ)から「南蛮酒」という酒の輸入をはじめ、これが「泡盛」の起源とされる酒です。
輸入が減って、自分たちで泡盛を生産するようになり、これがのちに薩摩(鹿児島県)・奄美諸島に伝来し、焼酎造りが始まったといわれています。

【南海諸国経路】
14〜15世紀頃、倭寇(わこう)と称する日本の武装商船団(海賊)が朝鮮半島や中国大陸沿岸、さらには南洋にいたる広範囲な海上に進出しており、海上取引品の一つとして焼酎を含む外来酒(総称して南蛮酒という)をわが国に運んだと考えられます。

【朝鮮半島経路】
15世紀には日本は前記の琉球、南海諸国のほか朝鮮、さらには遠く西洋諸国とも活発に交易が行われていました。
すでに季朝の時代の朝鮮では庶民が「焼酒」という蒸留酒を造って飲んでいました。
交易品の中には当然それぞれの国の酒類も含まれており、特に朝鮮産の焼酎(高麗酒(こうらいしゅ))も壱岐、対馬を経てわが国に入ってきたと考えられます。

今も研究を続けているという焼酎の歴史に、思いをはせながら今夜も1杯…。
いつもとは違った味わいが楽しめるのではないでしょうか。

〜ココロとカラダの渇きを潤す温泉水「財寶温泉」〜

納得できなければ全額返金!『森伊蔵等の幻の焼酎・日本酒』を安価で買い揃える方法! (^е^)

ワンランク上の本格焼酎★お好きな2本(麦/芋/米)で\1,980■今なら温泉水1本プレゼント

<