本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎とコラム > いも焼酎の保存

焼酎とコラム

いも焼酎の保存

日本酒は、買ったらなるべく早く飲んだほうが旨い。
しかし、いも焼酎はちょっと違う。保存している間に熟成して旨くなったりする焼酎もある。

いも焼酎の管理がそんなに難しくないのは、保存してもあまり品質が変化しないのが特徴なんです。

でも、どこで保存してもいいわけではありません。
いも焼酎だって、紫外線は一番の敵です。
日の当たるところでは、絶対保存しないで下さい。

できることなら、風通しのいい床下や廊下がいいですね。

また、空気に触れる部分はできるだけ少なくするのがいいでしょう。
ワインのように横にすると空気に触れる部分が多くなるので、酸化しやすくなります。
必ず立てて保存してください。

飲み残したいも焼酎も3ヶ月から半年ぐらいは持つので、急いで飲みきることはないでしょう。

長期保存するときは、ダンボールに入れたり、新聞紙で包んだりして、立てて暗いところで保存するといいです。

その時は、製造年月日や買った日付など書いておくとわかりやすいですね。

いも焼酎のラベルには、製造年月日は記載されていますが、賞味期限が記載されていないですよね。
だからと言って、永久保存できるわけではありません。

上手に保存して、自宅で熟成した芋焼酎を楽しむのもいいですね。

<