本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎とコラム > いも焼酎の新酒

焼酎とコラム

いも焼酎の新酒

いも焼酎の原料のサツマイモは、傷みやすく、直保存が難しいです。
いも焼酎造りはとりたてのサツマイモを使うのが基本です。

なので、いも焼酎が造られるのは、サツマイモの収穫期の8月から12月ごろなんです。
そして10月・11月になると、その年に仕込んで、蒸留した酒、『新酒』が売り出されます。

通常、いも焼酎は前年までの焼酎をブレンドして、味を調整してから出荷します。

一方、『新酒』はその年に仕込んだつくりたてを瓶詰めします。
味のほうは荒々しいけど、新鮮な味わいと香りは新酒ならではですね。

以前は地元の秋限定のお楽しみとして発売されていましたが、最近は「新焼酎」などと言って、全国で発売されています。

サツマイモのでき具合は、その年の天候や気温などで毎年異なります。
その年の焼酎には、当然サツマイモのでき具合が反映されます。

サツマイモのでき具合に想いをはせながら、
『新酒』を味わうのもいも焼酎ならではの楽しみだと思います。

芋の収穫が終わると、焼酎造りも終わります。
しかし最近では、少しでも長く焼酎造りをするのに、新鮮なサツマイモを冷凍保存して使うところもあります。
サツマイモが不作の年でも、味や生産量に影響しないのがいいですね。

<朝掘ったばかりのサツマイモをその日のうちに仕込む>

川越酒造場「川越(かわごえ)」

<