本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の造り方 > 麹(こうじ)について

焼酎の造り方

麹(こうじ)について

麹(こうじ)によって、焼酎の味が変わります。

焼酎は、麹によって米や芋などの原料に含まれているてんぷんを糖分に分解し、発酵させることによってアルコール分を造りだします。

雑菌の繁殖や腐敗を防ぐクエン酸をつくる働きも麹によるものです。

発酵を起こさせたり、促進させたりする麹の働きは、焼酎の出来あがりに大きく左右します。
それだけ麹づくりはとても重要な作業になります。

焼酎に使われる麹には、「黒麹」「白麹」「黄麹」の3種類があります。
名前は胞子の色によってつけられたものです。

焼酎造りでは「白麹」が主流ですが、泡盛には「黒麹」が使われています。

麹は、その色によってできあがる焼酎の風味が変わってきます。
白麹」は、飽きのこないマイルドな香り、「黒麹」は、甘味とコクがあって、力強い風味があります。
泡盛の独特な香りは、ここから造られているんですね。

焼酎のラベルに「黒麹仕込み」と書いてあったら、ぜひ飲み比べてみてくださいね。

ワンランク上の本格焼酎★お好きな2本(麦/芋/米)で\1,980■今なら温泉水1本プレゼント

「こんな簡単な方法で・・・?」とあなたは思うでしょう。酒系バイヤーが告白!素人でもできる「森伊蔵等の幻の焼酎・日本酒」を安価で購入する方法とは?納得できなければお金は頂ません!

<