本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の造り方 > 酵母菌(こうぼきん)について

焼酎の造り方

酵母菌(こうぼきん)について

微生物の相乗効果が、うまい焼酎の下地をつくる。

焼酎造りに欠かせないのは麹(こうじ)だけではありません。

酵母菌(こうぼきん)も大切な材料です。
酒類にはさまざまな酵母菌が使われています。

焼酎造りでは仕込みのときに、麹菌(こうじきん)と水に酵母菌を加えてアルコール発酵します。
麹菌は原料のでんぷんを糖質に分解しますが、発酵作用には酵母菌が不可欠です。

ただ、酵母菌は単独ではうまく働くことができないので、麹菌に助けられながらその働きを行っています。

酵母菌は原料の糖質をアルコールに分解しますが、もともと酵母菌は体が小さいので大きいままのでんぷんは食べれません。
そこで麹菌の持つ酵素がでんぷんを細かく砕いてブドウ糖の状態にしてくれます。
それを酵母菌がせっせと食べるのです。

こうしてアルコールの生成量を増やして、うまい焼酎の下地をつくります。
麹菌と酵母菌は強力なタッグを組んで、焼酎造りの要の部分を担っています。

〜ココロとカラダの渇きを潤す温泉水「財寶温泉」〜
全国送料無料・税込みでなんと 645円

話題の『本格焼酎』もう飲みました?産直・限定・送料無料〓財宝

<