本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の造り方 > 蒸留方法その1

焼酎の造り方

蒸留方法その1

昔ながらの味わいを守る単式蒸留機(たんしきじょうりゅうき)
大量生産を可能にした連続式蒸留機(れんぞくしきじょうりゅうき)

焼酎は大きく二つに分けられます。

甲類焼酎」と「乙類焼酎」です。

「甲類」と「乙類」の違いは、焼酎を蒸留する方法です。
「甲類焼酎」は、連続式蒸留機で、「乙類焼酎」は、単式蒸留機で蒸留します。

甲類焼酎」はホワイトリカーとも呼ばれ、無味無臭に近いです。
焼酎サワーや酎ハイによく使われ、焼酎だけで味わうことは少ないです。

乙類焼酎」は原料の風味や香りを色濃く残し、銘柄ごとに味わいが違います。
いろんな飲み方で焼酎そのものを味わうことができます。

【単式蒸留機】(たんしきじょうりゅうき)

製法上、1回しか蒸留しないため、原料の風味が色濃く残り、独特の味わいがあります。
地域の特産物を原料に使ったり、地域での伝統の製法や蔵元独自の製法によって造られるので、いろんな焼酎ができます。

【連続式蒸留機】(れんぞくしきじょうりゅうき)

連続して蒸留することによって、アルコール以外の成分を効率よく完全除去でき、純度の高いアルコールを抽出することができます。

ちなみに…、36度以上のものは原料用アルコールとしてウイスキーにブレンドされたり、リキュールの原料として用いられます。

STOP!!オークションなどでプレミアの付いた「焼酎」や「日本酒」を買うのは今すぐやめてください。『魔王』『森伊蔵』『十四代』などの“幻の酒”をどこよりも安価で買う方法があります。

〜ココロとカラダの渇きを潤す温泉水「財寶温泉」〜
全国送料無料・税込みでなんと 645円

<