本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の造り方 > 蒸留方法その2

焼酎の造り方

蒸留方法その2

「くせがなく飲みやすい」焼酎に変えた減圧蒸留という蒸留方法なんです。

単式蒸留方式には、「常圧蒸留」(じょうあつじょうりゅう)と「減圧蒸留」(げんあつじょうりゅう)があります。

「常圧蒸留」は、特に特殊なことをしないで、大気圧のままで蒸留する手法です。

「減圧蒸留」とは…、

地上の平均気圧は1気圧で、このとき水は100℃で沸騰します。
ところが、気圧が下がると沸騰する温度も下がるのです。
これを利用したのが「減圧蒸留」です。

常圧蒸留で醪(もろみ)は90℃位で沸騰しますが、蒸留器内を真空にして気圧を下げると沸騰する温度も下がり、50℃ぐらいで醪(もろみ)を沸騰させることができます。

最大の特徴は低温で沸騰させるため、醪(もろみ)のやわらかな香りがそのまま生かせるということです。
雑味成分が少なく、クセのない軽やかな味わいに仕上がります。

かつて焼酎といえば、強いクセのある独特の風味が特徴でしたが、減圧蒸留の登場で焼酎のイメージが一新させられたともいえます。

ワンランク上の本格焼酎★お好きな2本(麦/芋/米)で\1,980■今なら温泉水1本プレゼント

「こんな簡単な方法で・・・?」とあなたは思うでしょう。酒系バイヤーが告白!素人でもできる「森伊蔵等の幻の焼酎・日本酒」を安価で購入する方法とは?納得できなければお金は頂ません!

<