本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の造り方 > 水の役割について

焼酎の造り方

水の役割について

うまい焼酎造りには、良質の水が欠かせないのです。

昔からいい酒蔵は、いい水の湧くところに構えていることが多いです。
焼酎も原料や麹など同じく、仕込みや割り水に使う「水」の役割はとても重要です。

水の質は地域によって異なり、水の質が異なれば当然焼酎の味も違ってきます。
豊かな伏流水に恵まれ、湧き水の豊富な土地に蔵を構えたり、遠方まで良質の水を汲みにいったり、地元の温泉水を使ったりなどいろいろ努力しています。

それぞれの蔵がここまで水にこだわるには理由があります。

仕込みの水は、一次もろみ、二次もろみの仕込みのときに加えられ、これが蒸留の段階で原酒の中に取り込まれます。
原酒のアルコール度数が40%なら、残りの60%は仕込み水を蒸留した水なのです。

さらに、できあがった原酒は割り水されます。
原酒に割り水を加え、アルコール度数を調整するのが「割り水」です。

その後焼酎はしばし貯蔵され、十分水となじんでから出荷されます。

納得できなければ全額返金!『森伊蔵等の幻の焼酎・日本酒』を安価で買い揃える方法! (^е^)

〜ココロとカラダの渇きを潤す温泉水「財寶温泉」〜 全国送料無料・税込みでなんと 645円

<