本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の造り方 > 原酒・初留取り・無ろ過について

焼酎の造り方

原酒・初留取り・無ろ過について

蒸留のどこを取るか、ろ過の程度も焼酎の特徴のひとつなのです。

本格焼酎ならではの風味や香りが好まれるなかで、より濃厚な味わいの原酒初留取り(しょりゅうどり)・無ろ過があります。

通常、焼酎は蒸留したあと割り水をして25度前後のアルコール度数に調整します。

この割り水を一切使わないで、蒸留したままのものを「原酒」といいます。
アルコール度数は35〜45度と高めですが、旨みが凝縮されています。
原酒は、ジンやウォッカなどが好きな人には特におすすめです。

「初留取り」は、二次もろみを蒸留したときに最初に出てくる原酒のことです。
「初垂れ」(ハナタレ)ともいい、アルコール度数は60度くらいあります。

焼酎はアルコール度数45度以下と決められているので、割り水をしてアルコール度数を調整します。
「初留取り」は、パンチが効いて個性的です。

蒸留したばかりの原酒にはフーゼル油が流れ出ます。
この油をほうっておくと焼酎の風味や香りが損なわれます。
普通は貯蔵や割り水する前に「ろ過フィルター」を通じてフーゼル油を取り除きます。

しかし、この油も適度に残すと焼酎に豊かな風味が加わります。
フィルターをまったく通さない、貯蔵中に原酒の表面に浮いてくる油を油取りなどですくい取る程度で瓶詰めされたのが「無ろ過」といわれる焼酎です。

蒸留のどこを取るのか、ろ過の具合で原酒の風味をどう生かすのか、度数をどれぐらいに調整するのか。

焼酎造りの過程には、焼酎のいろいろな表情があります。
その違いを知って味わえば、また面白さも倍増しますね。

話題の『本格焼酎』もう飲みました?産直・限定・送料無料〓財宝

「こんな簡単な方法で・・・?」とあなたは思うでしょう。酒系バイヤーが告白!素人でもできる「森伊蔵等の幻の焼酎・日本酒」を安価で購入する方法とは?納得できなければお金は頂ません!

<