本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の造り方 > ブレンドについて

焼酎の造り方

ブレンドについて

ブレンダーによって、原酒が風味豊かな焼酎に変わります。

蒸留し、貯蔵してできた焼酎の原酒は、そのままではまだ商品にはなりません。

銘柄ごとに数種類の原酒をブレンドし、銘柄にふさわしい味と風味に仕上げます。
この作業をするのが「ブレンダー」です。

ブレンドするには銘柄ごとにメインとなる原酒があり、それに数パーセントずつほかの原酒を加えながら味を決めていくのですが、まずはブレンダーが少量で実験を行い、配合の割合を検討します。

実験してできた焼酎を蔵の責任者たちが検討し、その年の割合を決めます。
そして、決まった配合をタンク全体で行います。

とくに蔵を代表するような銘柄のブレンドには神経を使います。
その年にできた原酒で蔵の顔ともいえる味を造りあげ、伝統を守っていかなくてはなりません。

ブレンダーは蔵の新しい焼酎の開発にも重要な役割を果たします。
ブレンドによって、これまでにない新しい焼酎造りにも挑戦しているのです。

ブレンダーは、蔵で造られる焼酎の特徴を知り、科学的な知識と経験で焼酎造りを支えています。

〜ココロとカラダの渇きを潤す温泉水「財寶温泉」〜

キャンペーン開催中★本格焼酎(麦/芋/米)5合瓶2本+温泉水1本で1,980円(全国送料無料)

<