本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の原料 > 大麦

焼酎の原料

大麦

焼酎ブームの火付け役として、一躍有名になったのは麦焼酎ですね。
焼酎の中でも一気に人気が高まった麦焼酎です。

スッキリとして、軽やかな味わいとフルーティな香りがして、広くみなさんに受け入れられました。

麦焼酎の麦は、ビールと同じ大麦が原料になります。
大麦は、穂の6列すべてが結実する六条大麦」と、穂の2列だけ結実する二条大麦」という2種類の大麦に大別されます。
焼酎やビールの原料に使われるのは、「二条大麦」です。

麦焼酎の原料の大麦は、オーストラリアなど外国産の大麦を使うことが多いです。
国内産の麦では、「ニシノチカラ」「イシュクシラズ」という品種があります。

大麦の原材料にする処理は、殻皮の下の部分を削り取る作業で「搗精(とうせい)」と呼ばれる作業があります。

焼酎向きの大麦は、この「搗精(とうせい)」がやりやすい品種がいいようです。

品種改良によって、九州農業試験場で育成された「ニシノホシ」は、従来の品種よりも収穫量が多いし、殻皮を削り取る作業にかかる時間が短いので、九州の酒造所では多く使われています。

もちろん、焼酎造りに一番必要なでんぷんの量も多いです。

<おもな麦焼酎>

ニシノチカラ
・ゑびす酒造「けいこうとなるも
・天草酒造「麦製天草

ニシノホシ
・黒木本店「中々
・尾鈴山蒸留所「山猿

<