本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の原料 > タイ米

焼酎の原料

タイ米

泡盛の原料として使われている「タイ米」。
タイ米は、インディカ米に分類されていて、細長い形が特徴です。

タイ米は、炊いても粘り気がなくてパラパラしていて、独特の匂いがあるので、あまりおいしくないという印象が強いみたいです。
インディカ米は、日本の米よりタンパク質・脂質が少ないのも特徴だそうです。

焼酎・泡盛の原料としては、パサパサしていて、硬質なので、麹菌が繁殖しやすくなっています。
タイ米は、ほかの米より温度管理がしやすくなっています。

硬質で長い粒のタイ米は、麹をつくりやすく、米の内部まで菌糸を伸ばした麹ができるので、泡盛にコクと旨みをたっぷりもたらします。

泡盛のもつ独特の香りや味わいは、タイ米によるもので、伝統の製法にこだわる泡盛は、タイ米は欠かすことの出ない存在です。

焼酎・泡盛用のタイ米は2種類あります。

砕米…食用への転用を防ぐために破砕してある。
丸米…新しく輸入できるようになった原型のタイ米。

<タイ米を使ったおもな泡盛>

・宮里酒造所「カリー春雨
・新里酒造「琉球クラシック
・上村酒造「酒禮(しゅれい)」
・瑞泉酒造「御酒
・石川酒造所「玉友 7年

「泡盛」を購入の方は、こちらからどうぞ

焼酎どっとねっと

<