本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の分類 > 日本が世界に誇れる蒸留酒、それが焼酎

焼酎の分類

日本が世界に誇れる蒸留酒、それが焼酎

焼酎・ビール・日本酒・ウイスキー・ワインなど、いろんなお酒があるけれど、作り方は大きく3つ分かれます。

1.醸造酒  2.蒸留酒  3.混成酒

1.醸造酒
 日本酒、ビール、ワインが該当します。
醸造酒は原料となる果実や穀類などをそのまま、あるいは糖化してアルコール発酵させて、発酵液を濾過など経て、そのまま飲まれるものです。。
特徴としてはアルコール分が低く(約3〜20%)で、エキス分は中〜多いものです。

日本酒 原料:米 アルコール度数:14℃前後
ビール 原料:大麦 アルコール度数:15℃前後
ワイン 原料:ブドウ アルコール度数:16℃前後

2.蒸留酒
焼酎がここに該当します。
あと、ウイスキー、ブランデー、ウオッカ、ジン、ラムなどが該当します。
蒸留酒は発酵させて造ったお酒(醸造酒)をさら蒸留して造ったものです。
ちょっと乱暴な言い方をすると、ワインを蒸留するとブランデーに、ビールを蒸留するとウイスキーになります(笑)
特徴としてはアルコール分が高く(約20〜44%、それ以上)、エキス分は少ないものです。<br /> 透明な「ホワイト・スピリッツ」、長期熟成した「ブラウン・スピリッツ」に分かれます。

ホワイト・スピリッツ

焼酎  原料:さつま芋・米・麦など アルコール度数:20〜40℃前後
ウォッカ 原料:大麦・小麦・とうもろこしなど アルコール度数:40〜60℃前後
ジン  原料:大麦、ライ麦、ジャガイモ アルコール度数:35〜45℃前後

ブラウン・スピリッツ

ウイスキー 原料:大麦 アルコール度数:40〜60℃前後
ブランデー 原料:ブドウ アルコール度数:40〜60℃前後

3.混成酒
混成酒は醸造酒や蒸留酒に香料や果実のエキスを加えて造ったものです。
混成酒にはリキュール(梅酒など)、甘味果実酒、合成清酒、みりん、雑酒(発泡酒など)が該当し、缶酎ハイも焼酎に果汁などをいれるので、混成酒になります。
特徴としてはアルコール分が中〜高(約5〜44%)で、エキス分は多いものです。

【財宝】本格焼酎2本+温泉水2L〓1,980円※全国送料無料

<