本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の分類 > 焼酎の語源

焼酎の分類

焼酎の語源

焼酎の語源はどこからきているのでしょうか?

日本では18世紀頃から焼酎という表現が定着したようです。
それまで”焼酒”と今の焼酎の両方が混用されていたのは、中国では熱を加えるという意味で『焼』の文字を使い、蒸留酒を「焼酒(シャオジュウ)」と呼んでいた名残りとも言われています。

焼酎の『焼』という文字は、モロミを加熱、沸騰させてつくるという蒸留酒の基本的な作業で、『酎』は濃い酒という意味です。

何をきっかけに『焼酒』が『焼酎』になったのかは不明ですが、一説では中華音で『酒』はチュウと発音されているところから、日本では字義と音訓を混同して使われるようになり『焼酎』(しょうちゅう)になったのではないかとも言われています。

〜ココロとカラダの渇きを潤す温泉水「財寶温泉」〜

話題の『本格焼酎』もう飲みました?産直・限定・送料無料〓財宝

「こんな簡単な方法で・・・?」とあなたは思うでしょう。酒系バイヤーが告白!素人でもできる「森伊蔵等の幻の焼酎・日本酒」を安価で購入する方法とは?納得できなければお金は頂ません!

<