本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の分類 > 焼酎の分類「甲類と乙類」

焼酎の分類

焼酎の分類「甲類と乙類」

焼酎は酒税法で『乙類』と『甲類』の2種類に分けられますが、これは等級ではなく製法上の分類です。
2つの違いは、主に蒸留方法にあります。

『甲類』は、明治時代に導入された「連続式蒸留機」で蒸留されアルコール度数が36度未満のものです。
これが『乙類』との一番大きな違いです。

原料を糖化し発酵して生まれる醪(もろみ)は、数本の蒸留塔に連続的に供給され、「蒸発」、「分縮」、「還流」という複数の作用により高純度のアルコールが取りだされます。

これは「単式蒸留機」で何度も蒸留を繰り返すことと同じ原理で、こうして抽出された甲類焼酎は無色透明で不純物が少なく、しかもクセのない味わいが特徴です。

ピュアでクセがないからこそ、その楽しみ方も酎ハイやサワー、お湯割り、カクテルなど無限に広がります。もちろん本来のすっきりした味わいを楽しむロックもおすすめです。

『乙類』は、「単式蒸留機」で蒸留され度数が45度以下のものです。
昔ながらの伝統的な蒸留方法なので、1度しか蒸留をおこなわないので、原料の香味成分が溶け込みやすく、特有の芳香と風味があります。

原料の風味が生かされるので原料は非常にバラエティに富んでおり、さつまいもをはじめ、米、麦、そば、黒糖などが使われています。

近年では「本格焼酎」という呼び名が定着しつつあります。
ロックやお湯割りで焼酎本来の味わいを楽しみます。
昔から九州などで造られていた焼酎や沖縄の泡盛はすべて乙類焼酎です。

納得できなければ全額返金!『森伊蔵等の幻の焼酎・日本酒』を安価で買い揃える方法! (^е^)

〜ココロとカラダの渇きを潤す温泉水「財寶温泉」〜

キャンペーン開催中★本格焼酎(麦/芋/米)5合瓶2本+温泉水1本で1,980円(全国送料無料)

<