本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 本格焼酎と健康

本格焼酎と健康

「酒は百薬の長」という言葉がありますが、いろんなお酒がある中で、本格焼酎にもすぐれた効果があります。

本格焼酎の持つ体によいということをまとめてみました。

でも…、飲みすぎには気をつけてくださいね。

飲みすぎてしまったら…

二日酔いの特効薬は?

二日酔いの症状…頭痛、悪心、嘔吐感、喉の渇き、食欲不振、脱力感、腹痛、下痢、発汗、過呼吸、心悸亢進、手足のむくみ、顔色の異常などなど…。

「飲みすぎてしまったら…」詳細はこちら

心筋梗塞や脳梗塞の予防

心筋梗塞や脳梗塞は、心臓や脳の血管に血栓(血管の中に血液の成分が固まり、固形になったもの)が詰まって引き起こされます。

「心筋梗塞や脳梗塞の予防」詳細はこちら

血液サラサラの効用が高い

ワインに含まれる「ポリフェノール」は、血栓(けっせん)ができるのを防ぐといわれています。

「血液サラサラの効用が高い」詳細はこちら

血栓を溶かす

心筋梗塞(しんきん梗塞)や脳梗塞(のうこうそく)といった血栓による病気を防ぐには、血液中の余分な血栓を溶かして血液がサラサラと流れるようにする必要があります。

「血栓を溶かす」詳細はこちら

ストレスを軽くする

今の世の中、ストレスとは切っても切れない関係にありますね。
仕事や人間関係、もしかしたら家庭内にもストレスはあるかも…。

「ストレスを軽くする」詳細はこちら

免疫機能を高める

私たちの体には、自分の体を守る免疫機能があります。
しかし、長い間ストレスにさらされたり年齢を追うことに、この免疫機能が段々低下してきます。

「免疫機能を高める」詳細はこちら

漢方薬と同様の薬効があります

漢方薬は原料の生薬を水で煎じて飲みます。
複数の生薬の組み合わせによって、症状の改善を助けています。

「漢方薬と同様の薬効があります」詳細はこちら

日曜日の夜に飲むのが最適

焼酎を日々の晩酌で楽しむのもいいですが、最も効果的に飲むなら、日曜日の夜がいいですよ。

「日曜日の夜に飲むのが最適」詳細はこちら

適量を守る

「適量」の飲酒を続けている人は、
まったく飲まない人より癌や心筋梗塞、脳梗塞の発生率が低いといわれています。

「適量を守る」詳細はこちら

料理と一緒に楽しむ

お酒が好きな人によく見られるのが、食事はおろか、
肴(さかな)やつまみも食べないでひたすら飲んでいる人がいます。

「料理と一緒に楽しむ」詳細はこちら

料理酒に使っても効果があるのです

焼酎の持つ血栓予防(けっせんよぼう)や血栓溶解(けっせんようかい)の効果を活用したくても、焼酎が飲めない人に、無理やりの飲めとはいえませんよね。

「料理酒に使っても効果があるのです」詳細はこちら

焼酎のリラックス効果

適度なアルコールは、気持ちをリラックスにさせて、気持ちをほぐす効果もあります。
ストレス解消にもつながりますね。

「焼酎のリラックス効果」詳細はこちら

<