本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 本格焼酎と健康 > 適量を守る

本格焼酎と健康

適量を守る

「適量」の飲酒を続けている人は、
まったく飲まない人より癌や心筋梗塞、脳梗塞の発生率が低いといわれています。

でも、いくら本格焼酎が体にいいといっても、たくさん飲めば効果が上がるというわけではありません。
焼酎も他のお酒と同じく、適量を守ることが大切です。

一般に「適量」といわれているのは、純アルコールの換算して30ml程度です。
焼酎なら1合から2合。

焼酎が好きな人には物足りない量かもしれませんが、これ以上飲むとせっかくの焼酎の効果が得られなくなります。

そればかりか、アルコール処理のため肝臓に負担がかかります。
健康診断で肝機能検査の数値が高くなったり、脂肪肝(肝臓に中性脂肪が溜まった状態)になったりします。

家庭で晩酌するときはもちろんですが、外で飲むときも適量範囲で切り上げることができたらいいですね。

【補足】

あまり適量にこだわりすぎると、逆に「ストレス」になりますので、『適量』を心掛ける程度がいいと思います。

飲み過ぎたら次の日は量を減らすとか、休肝日にするとかするのもひとつの手だと思います。

話題の『本格焼酎』もう飲みました?産直・限定・送料無料〓財宝

STOP!!オークションなどでプレミアの付いた「焼酎」や「日本酒」を買うのは今すぐやめてください。『魔王』『森伊蔵』『十四代』などの“幻の酒”をどこよりも安価で買う方法があります。

<