本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の酒器 > 黒ヂョカ・酎家

焼酎の酒器

黒ヂョカ・酎家

約400年の歴史を持つ薩摩焼の伝統工芸の中で誕生した、鹿児島の酒器の代表格です。

焼酎の燗をする為の専用の焼き物が黒ヂョカです。
焼酎と水を黒ヂョカに割り一日なじませたものを、そのまま遠火(炭火など)の直火で人肌程度に燗をします。

それをチョクに注いでチビチビ飲むのがいも焼酎の最も旨い飲み方とされています。
一日なじませることで味がまろやかになり、通常のお湯割りとは違った楽しみができます。

黒ヂョカは洗剤で洗ったりしないで、飲んだ後もそのままの状態で保管するのがいいです。
使い込むほどに本格焼酎の持つ独特の旨みがにじみ出てきます。

チョカはその注ぎ口がイノシシの牙に似ていることから猪牙(チョカ)という説と、酒瓶の中国読みでチュカという言葉が琉球から伝わったという二つの説があります。


沖縄では、野良仕事に持って行く湯茶を入れるツル付の土瓶を「茶家(チャーカァ)」といいますが、これを小型化した泡盛用の酒器を『酎家(チュウカァ)』といいます。

古代日本のヒサゲがもとといわれるこの酒器は、鹿児島ではチョカといい、千代賀と当て字が書かれたり、土瓶と書いてチョカと読ませています。

黒ヂョカと酎家の違いはツルの部分と焼成温度にあります。
酎家のツルは陶製で胴体に固定されてるため細工が難しくて、壊れやすいので、沖縄が本土に復帰する(昭和47年)前まで一流料亭で使われていましたが、今では姿を消し、カラカラに替わりました。

<