本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の酒器 > カラカラ・鳩徳利

焼酎の酒器

カラカラ・鳩徳利

カラカラ」は沖縄で創作された酒器です。

酒好きな坊さんが、鏡餅にヒントをえて、絶対に倒れない徳利をつくったところ「貸せ貸せ(カラカラ)」と評判になったので、そう名付けたようです。

これが鹿児島のカラカラ、熊本のガラと、北へ伝えられていくうちに、丸餅形の胴高が高くなり、注ぎ口や首が伸び、直火で燗も注ぐことができる磁器製にかわりました。

本格焼酎が南から伝えられていったことを示す証拠の一つです。

鹿児島のチョカの焼成温度は酎家より高く、火にかけて燗ができますが、沖縄の酎家やカラカラは火にかけると割れてしまいます。
暑い沖縄では暖める習慣がありません。

苗代川焼の黒ヂョカが素朴で寡黙な、男性的なのに比べ、しっとりとした華やかな竜門司焼(始良郡加治木町産)の酒器「カラカラ」は女性的です。
白磁の表面に緑、飴色の釉薬(ゆうやく)を施した三彩といわれる「カラカラ」は明治のころから焼かれたといわれています。

茶器のような注ぎ口のため、猪口(ちょこ)に注ぐときも安定していて、長い間幅広く愛用されてきました。
その形はやはり茶器から発展したと思われます。

宮崎県には昔から炉端に差して欄をつけた「日向チロリ」という清酒用の酒器があり、囲炉裏に差して清酒を温めてきました。
これを焼酎用に変形した『鳩徳利』があります。

<