本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の酒器 > 薩摩切子

焼酎の酒器

薩摩切子

薩摩切子の持つ繊細なカットと彩やかな色彩、透明感あるクリスタルガラスの輝き。
その美しい姿は心をつかんではなさない魅力があります。

鹿児島の焼酎党達は、誰でもこのグラスで焼酎を飲むことに瞳れを抱いていると言われています。

薩摩切子とは江戸時代末期に薩摩藩で造られた「切子ガラス」のことです。

「切子ガラス」とは無色の生地の表面に色付きのガラスを色被せさせ、それにカット模様を刻み込み、磨きあげたガラスをいいます。

薩摩切子」は色ガラスを厚く被せたのが特徴で、それに浅いカットをほどこすことで、色ガラスと透明なガラスの境目がぼかされてきれいなグラデーションを表現しています。

こんなグラスで焼酎のストレートを味わえばまた別格です。

<