本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の種類

焼酎の種類

本格焼酎は、原料のでんぷん質を麹の働きで糖化させ、アルコール発酵したものを蒸留して造られます。
なので、でんぷん質のあるものはすべて本格焼酎の原料になります。

焼酎の原料として使われているものは数多くあり、日本各地にいろんな焼酎があります。

みなさんもよく知っている原料で造った焼酎を紹介させていただいてますが、日本全国まだまだいろんな焼酎があります。

いも焼酎

さつま芋特有のソフトで甘味があり、水または湯と焼酎をどんな割合で混ぜ合わせても、風味のバランスがくずれないのが特徴です。

「いも焼酎」詳細はこちら

米焼酎

伝統的な製法による米焼酎は濃醇な丸味が特徴ですが、近年のソフト化嗜好(しこう)に対応した軽快な風味の製品も増えています。

「米焼酎」詳細はこちら

麦焼酎

麦特有の香りがあり、まろやかな甘味と淡麗で軽やかな風味が特徴なので、ライト感覚で楽しめます。

「麦焼酎」詳細はこちら

そば焼酎

独特なコクがあり、やわらかくほんのりとした甘味が特徴です。
口当たりがよくてさっぱりと飲みやすく、コクがありながらもふんわりした飲み口です。

「そば焼酎」詳細はこちら

黒糖焼酎

ほのかな黒糖の甘さと軽い口当たり、さわやかな飲み心地が特徴です。

「黒糖焼酎」詳細はこちら

泡盛

泡盛の原料はタイ米(砕米が一般的)です。
他の地域の米焼酎とは製法が違い、泡盛特有の風味があります。

「泡盛」詳細はこちら

粕取り焼酎

実は焼酎には清酒などの搾り粕を使用して作る「粕取り焼酎」(かすとりしょうちゅう)と呼ばれる焼酎があります。

「粕取り焼酎」詳細はこちら

いろんな原料の焼酎

基本的にでんぷん質の原材料なら本格焼酎を造ることができます。

「いろんな原料の焼酎」詳細はこちら

プレミアム焼酎って…

生産本数が少なかったり、大変人気が高く抽選でしか発売してなかったりといろいろな理由で手に入らないものがあります。

「プレミアム焼酎って…」詳細はこちら

花酒(はなざけ)

焼酎でありながら、焼酎でない酒「花酒」

「花酒(はなざけ)」詳細はこちら

<