本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の種類 > 麦焼酎

焼酎の種類

麦焼酎

麦特有の香りがあり、まろやかな甘味と淡麗で軽やかな風味が特徴なので、ライト感覚で楽しめます。

麦焼酎は、大麦と大麦麹、あるいは米麹から作られるのが一般的です。
従来大都市圏では本格焼酎といえば麦焼酎というイメージがありました。

「いいちこ」や「二階堂」の知名度によるところが大きく、昭和50〜60年代の第一次本格焼酎ブームの際には飲み屋さんにボトルをキープしておくのが流行りました。

味わいや香りは同じ麦から作られるウイスキーに近く、洋酒がお好きな方が本格焼酎になじむにはもっとも適切といえます。
大分県と長崎県壱岐島が生産拠点です。

大分の名産品という印象の強い麦焼酎ですが、元々は長崎県壱岐地方で長らく生産されてきたものであり、数百年の歴史を持ちます。
歴史的には壱岐焼酎(いきしょうちゅう)が麦焼酎の元祖となります。

大分では、減圧蒸留・イオン交換樹脂という手法で作られることが多く、すっきりとした飲み口の麦焼酎が主流です。

また、最近では常圧蒸留を使用して、個性ある製品を出している蔵も登場しています。

一方、壱岐では伝統的な製法(主原料は麦、麹は米麹、常圧蒸留米麹と麦の配合比率は約1:約2)を守る7軒の蔵が残り、個性を競っています。

【おもな麦焼酎】

中々(なかなか)』『天の刻印』『寿福絹子(じゅふくきぬこ)』『百年の孤独』など

〜ココロとカラダの渇きを潤す温泉水「財寶温泉」〜

ワンランク上の本格焼酎★お好きな2本(麦/芋/米)で\1,980■今なら温泉水1本プレゼント

このページは本格焼酎の楽しみの開設者様から許可を頂いた転載が含まれています。

<