本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の種類 > 粕取り焼酎

焼酎の種類

粕取り焼酎

実は焼酎には清酒などの搾り粕を使用して作る「粕取り焼酎」(かすとりしょうちゅう)と呼ばれる焼酎があります。

今までの分類はすべてもろみを作り、そこからアルコール分を蒸留する「もろみ取り焼酎」です。

一時期だいぶ少なくなっていましたが、最近の本格焼酎ブームで徐々に復権しつつある種類の焼酎です。

清酒を作ると搾り粕が残ります。
この搾り粕に籾殻(もみがら)を混ぜて、下から他の焼酎と同様に熱風を送り込みます。
そうするとアルコール分が抽出されます。
このとき、籾殻(もみがら)の焦げたにおいがアルコール分とともに抽出されるため、大変にあくの強い、個性的な癖のある焼酎となります。

本来、粕取りとはこのような手法で作られます。

しかし、現在では吟醸酒を造る清酒蔵が増加し、それとともに清酒粕をもとにもろみを作り、これを蒸留する場合が増加しています。

こうした籾殻を使用せずに清酒粕でもろみを作り蒸留することで日本酒と間違えるような香りの高い粕取り焼酎が増加しています。

もともと粕取り焼酎は早苗饗(さなぶり)という田植え後のお祭りで愛飲されていた庶民のお酒でした。
ここから粕取り焼酎に「早苗響焼酎」という別名がついたのです。
特に九州北部では早苗饗においては粕取り焼酎が飲まれており、かつては粕取り焼酎の専業蔵も存在していたほどでした。

こうした伝統を復活させようという動きもあり、実際に籾殻を使用した粕取り焼酎の醸造再開に向けた実験も行われているようです。

ただ、焼酎ブームの陰で清酒の生産量が低下し、清酒粕も少なくなってしまっています。
この少ない清酒粕を粕漬けなどの分野がねらうため、ますます粕取り焼酎は製造の危機に瀕しています。

【おもな粕取り焼酎】

梅乃宿(うめのやど)』『あすか野 山鶴』『七寶』など

もう、3万円も払って『森伊蔵』や『魔王』『十四代』を買わなくて結構です。なぜなら・・・。

全国送料無料・税込みでなんと 645円

このページは本格焼酎の楽しみの開設者様から許可を頂いた転載が含まれています。

<