本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の種類 > 花酒(はなざけ)

焼酎の種類

花酒(はなざけ)

焼酎でありながら、焼酎でない酒「花酒」

沖縄県八重山列島の西端にある与那国島には、『花酒(はなざけ)』と呼ばれる酒があります。
与那国島は、テレビドラマ『ドクターコトー診療所』のロケ地としても有名ですね。

与那国島には現在3つの酒造所がありますが、その中でも一番古い酒造所が崎元酒造所といいます。
今なお直釜式の蒸し器と蒸留器を使用し、昔ながらの製法で泡盛を造り続けています。

原料はや製法は泡盛と同じなのですが、度数が60度となみはずれて高いアルコール度数なので、泡盛を名乗ることができません。
(泡盛の度数は、45度までです。)

そのため、焼酎乙類ではなくスピリッツ類に分類され、ボトルにもそう記されています。

花酒は、醪(もろみ)を蒸留したときに、最初に出てくる初留液(しょりゅうえき)だけを集めて造られた酒で、グラスに注ぐと小さな花が舞うように泡立つことから、『花酒』と名前がつけられました。

泡盛が凝縮したような濃厚な味わいと、高いアルコール度数を飲むときにくるカッとする喉ごしが特徴です。

飲み方はやはりストレートか、ロックで飲むのがいいですね。
琉球グラスなどで飲むと、とっても雰囲気がでますね。

『花酒』の購入は、こちらからどうぞ。

<