本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の飲み方

焼酎の飲み方

焼酎は、飲み方という点でもとっても楽しいお酒です。
『温めてよし』『冷やしてよし』『割ってよし』といろんな飲み方ができます。

基本的には『こうでなくては』という決まりもないので、飲むときの体調や気分に合わせて飲むといいでしょう。

飲み方にもそれぞれの特徴があるので、それを意識することで焼酎の持ち味をさらに生かすことができます。

最初に

いろんな飲み方ができる焼酎。
こんなところに注目して味わってみてはいかがでしょうか?

「最初に」詳細はこちら

お湯割り

ふんわりと広がる香りとやわらかな喉ごしが楽しめる飲み方です。

「お湯割り」詳細はこちら

燗(かん)

ダレヤメ(九州の言葉で疲れを取る晩酌のこと)の酒として、もっとも旨い至福の飲み方が、燗をつけてゆるゆると飲む、この飲み方だといわれています。

「燗(かん)」詳細はこちら

水割り

水と焼酎が溶け合ってまろやかになって、本格焼酎が飲みやすくなります。

「水割り」詳細はこちら

ストレート

原酒や熟成酒などの個性をそのまま味わうことができます。

「ストレート」詳細はこちら

ロック

味や香りに深みがあるタイプをしみじみ味わえる飲み方は、ロックでしょう。

「ロック」詳細はこちら

酎ハイ

甲類焼酎は無味無臭でくせがなく、飲みやすいので、炭酸ソーダやジュース、ウーロン茶などで割って飲むのに適しています。

「酎ハイ」詳細はこちら

焼酎カクテル

カクテルというと、ウィスキー、ブランデー、ジン、ウォッカ、ラム、テキーラなどの「蒸留酒」で造るのが一般的ですよね。

「焼酎カクテル」詳細はこちら

テイスティング

テイスティングは、「味」「匂い」の違いを利き酒によって調べることです。

「テイスティング」詳細はこちら

泡盛の飲み方

泡盛は、水割りで飲む人が多いと思いますが、嗜好品なので好きな飲み方もそれぞれにありますね。

「泡盛の飲み方」詳細はこちら

<