本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の飲み方 > 最初に

焼酎の飲み方

最初に

いろんな飲み方ができる焼酎。
こんなところに注目して味わってみてはいかがでしょうか?

「香り」
本格焼酎の一番の魅力は、原材料の香り。
原料によってそれぞれ違う香りを味わいましょう。

「飲み口」
口に含み旨みを味わう。
甘み、酸味、苦味、材料別の味。
淡麗か濃厚か。キレにも注目してみましょう。

「喉ごし」
するっと入る感じか、パンチのある刺激が感じるか。
アルコールの質を味わいましょう。


豆知識

「温かくすると」
全体的に味の厚みやコクが大きくなって、広がる感じがします。
香りは開いていく感じで、広がります。さわやかさはなくなるかな。
甘みが広がり、べったりする感じがします。
酸味、苦味、渋味は、ぼやけてやわらぎます。

「冷たくすると」
全体的に味が閉まり、キレが増します。
香りは閉じてしまい、刺激や雑実が押さえられます。
甘みはスッキリした感じになります。
酸味、苦味、渋味は刺激が増えて、シャープになります。

「度数の調整」
一般的な25度の焼酎をロクヨン(焼酎6にお湯や水4)で割ると、日本酒やワインの度数になります。
このくらいなら食中酒にぴったりです。
食後酒として飲むなら、40度前後の焼酎(原酒)冷やしてストレートで飲むのもいいです。
度数を意識してお好みで度数を調整して飲むのも楽しいですよ。

〜ココロとカラダの渇きを潤す温泉水「財寶温泉」〜

ワンランク上の本格焼酎★お好きな2本(麦/芋/米)で\1,980■今なら温泉水1本プレゼント

STOP!!オークションなどでプレミアの付いた「焼酎」や「日本酒」を買うのは今すぐやめてください。『魔王』『森伊蔵』『十四代』などの“幻の酒”をどこよりも安価で買う方法があります。

<