本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の飲み方 > お湯割り

焼酎の飲み方

お湯割り

ふんわりと広がる香りとやわらかな喉ごしが楽しめる飲み方です。

地元の人々にも愛される飲み方の王道は、やはりお湯割ではないでしょうか?

焼酎がお湯で温められ、交じり合うことで本格焼酎の持つふくよかな香りがふんわりと立ち、隠れていた甘みがじんわりと舌に広がる。

味が広がり、その焼酎の個性がよりはっきり見えてきます。
ただし、注意して欲しいのはお湯を熱くしすぎないことです。

先にお湯を注ぎ、後から焼酎をそっと注ぎいれる。
こうすることで自然に対流して焼酎とお湯がなじみます。

お湯はチョット冷めてから(70℃くらい)がいいですよ。
熱すぎるお湯ではアルコールがツンと立ち、味も壊れてしまいます。
飲むときは人肌よりやや熱めぐらいがいいです。

割り方は通称ロクヨン(焼酎6に対してお湯4)が一般的ですが、好みで変えても大丈夫です。

お湯割りはほとんどの焼酎に合います。
特に常圧で味に厚みがあって、風味がしっかり立ったものなら合います。

たとえば…

ひとり歩き』『南泉(なんせん)』『釈云麦(じゃくうんぱく)』『極楽』など

【財宝】本格焼酎2本+温泉水2L〓1,980円※全国送料無料

黒豆茶と栗焼酎のセット

<