本格焼酎を自宅にいながら焼酎サーバーやお気に入りの酒器で味わう。そんな素敵な時間を演出したい…。

一杯の焼酎から > 焼酎の飲み方 > 燗(かん)

焼酎の飲み方

燗(かん)

ダレヤメ(九州の言葉で疲れを取る晩酌のこと)の酒として、もっとも旨い至福の飲み方が、燗をつけてゆるゆると飲む、この飲み方だといわれています。

心地よく身にしみて、体の力が抜けていく…。

焼酎の場合、燗をつけるには、焼酎をそのまま温めるのではなく、割り水(あらかじめ焼酎を水で割り、寝かせておくこと)したものを温めるのです。

そのとき『黒ぢょか』という酒器を使うと、雰囲気がよくなりますよ。
『黒ぢょか』は、家庭で使うならコンロに網を乗せ、弱火でゆっくり温めるといいです。

『黒ぢょか』は使い終わっても洗わないで下さい。
使い込んでいくと焼酎の味がしみこんでいきます。

『黒ぢょか』がないときは、割り水した酒を徳利に入れ、お湯で燗してもいいですよ。

ゆっくり温めることで、焼酎の雑味が飛び、酒器の中でさらに焼酎と割り水がなじみます。

人肌より少し熱めくらいがちょうどいいです。

ふわりと香りが立ち、どこまでもまろやかで、体の力が抜けていく感じがします。

どんな焼酎にも合いますが、特にいも焼酎に合います。

大好評!焼酎はちょっと苦手という方もお勧め『本格焼酎 財宝』

天然のアルカリイオン水

<